FC2ブログ

PCXメンテナンス 駆動編

今日は土曜日で半日で仕事が終わったんで



午後から 通勤に使用している PCXの駆動系のメンテナンスをしてみる事にしました(^◇^)



すみません。。。   今回も釣りネタじゃないんで 興味ない方は × で綴じちゃってください。。。



自分の整備記録の覚えとして記載しているトコもあるんで (^_^)‘‘



20150516_124819_convert_20150516145946.jpg



購入してから約1年3か月で・・・



走行距離が 11,200km



雨の日以外 毎日使っているんで結構走行距離がのびましたネ



20150516_123830_convert_20150516145902.jpg



今回は ウェイトローラーの交換 と クランクケースを開けたついでに  タイ仕様のトルクカム を組み込んでみる事に!



日本仕様のPCXは騒音の関係からか 一番よく使う回転数あたりに トルクの谷 があり加速していくと一旦スピードの落ち込みがあるんです。。。



僕が乗っている アイドリングストップが付いた 後期型は前期型にくらべ少し改善されたようですが、乗っていてやはり違和感があります・・・



20150516_123902_convert_20150516145927.jpg



取り寄せた トルクカムの中に入っていた説明書。。。。(^_^;)



何て書いてあるのか。。。



しかし 僕にはコレがあるからとても安心



PCXで保育園  さん作成の PCX外装取り外しマニュアルPDF(有料)版をダウンロードマーケットで購入してファイルに綴じた 虎の巻 を参考にします(^◇^)



このPDFファイルは 有料版だけあって写真が沢山!そして 失敗しそうな場所は特に細かく記載されているんでとても見やすく参考になります



20150516_142107_convert_20150516150351.jpg



しかも、外装の外し方だけではなく オマケでドリブンフェイスの交換方法まで書いてくれてあるんです



これを見たら 駆動系(プーリー側・クラッチ側)の分解・組立ての仕方が全てわかります!



それでは マニュアルに沿って進めていきます♪(゜レ゜)



20150516_142129_convert_20150516150407.jpg



サイドカバーを外す を参考にカバーを外します



20150516_125345_convert_20150516150003.jpg



次にクランクケースカバーを外すと



20150516_130911_convert_20150516150022.jpg



ドリブンフェイス と クラッチ が現れます



20150516_131207_convert_20150516150039.jpg



まずは ユニバーサルホルダー と 22 mmのソケットレンチを使って えいっ!! と外します



結構はトルクで締まってますんで 怪我しないように注意!



20150516_131354_convert_20150516150057.jpg



1万キロちょっとの走行でも かなり汚れてますね。。。(^_^;)



パーツクリーナーで清掃しておきましょう♪



20150516_134518_convert_20150516150213.jpg



そして クラッチ側も同じ要領で外していきます



このナットは特殊サイズで 41 mm



クラッチナットレンチ を使って緩めるんですが、組み込みの際に トルク管理 がしにくいんで、外す際にマジックで印しを付けておきます



組み込みの際は印のトコロまで締めて だいたい OKとの事で。。。←整備士の方が見たらそんな事じゃ!!って言われるかもしれませんが 趣味でやっている事なんで自己責任で(^_^;)



20150516_132450_convert_20150516150114.jpg



プーリーホルダー があったら固定して外すと結構簡単に外れました(゜レ゜)



ここから 手が油まみれになるんで、写真はありませんが。。。



20150516_133008_convert_20150516150133.jpg

20150516_133019_convert_20150516150152.jpg



外したトルクカム



左が 日本仕様   で  右が タイ仕様



記載の文字 と 溝の形が若干違う?程度の違いなんだけど。。。



これだけの違いで何か変わるのかな???



20150516_134904_convert_20150516150254.jpg



いままでは 18gのウェイトローラだったけど



今回は タイ仕様の15gより若干軽めの 14.5g



新しいウェイトローラーに シリコングリス を薄~く塗って



外した逆に組み付けていきます



20150516_140119_convert_20150516150312.jpg



トルク管理もしっかりと



プーリー側 54N・m



クラッチ側 49N・m



20150516_141954_convert_20150516150332.jpg



完成!!



前に乗っていたスクーターで ドライブプーリー側をバラしてウェイトローラーのセッティングをした事があったけど



クラッチ側をバラすのは初めての経験



写真を撮りながら 1時間程度で終了!  思ったより簡単にメンテナンス出来ました♪



自分でやれば 工賃は タダ  (笑)



次回 ウェイトローラー替える頃には ドライブベルトも一緒に交換時期



ブレーキパッドも心配だし。。。



消耗品にお金がかかりますね。。。。



浮いたお金は やっぱり釣り具屋に!!



タイヤ交換の時と同じで、試走と称して。。。。(゜レ゜)



20150419_150151_convert_20150516163946.jpg



嫁さんには 内緒でね。。。(*^^)v



PS:ちなみに ち試走してみたんですが、 トルクの谷は完全に無くなりました♪ しかし やはり少し音が大きくなった?? 気のせい??? ウェイトローラーを軽くした分 振動が大きくなった?? 



もう少し様子をみて 燃費なんかもUPできたら報告します!







↑↑
お気に入りに登録できます♪ ヨロシクね!



プロフィール

へっぽこmasa

Author:へっぽこmasa

FC2 人気フィッシングブログへ♪

ポチ❕っと応援ありがとうございます

応援ありがとうございます(*^^*)

↓カヤックフィッシングランキング

ランキングへ(*^▽^*)

海快晴

フリーエリア